ケンタッキー似の粉がバージョンアップしたというのでまた買ってみました

2006年5月


600gで送料込み(メール便)1000円
ケンタミックスパウダーという名称です


スーパーでから揚げ用もも切身を買ってきたんで、牛乳で卵を溶いた液に
つけたあとケンタ粉をまんべんなく多量につけます


本来は本家のように圧力鍋+ショートニングで揚げてこそその真価を発揮
できるんですが、ウチには圧力鍋がないのでふつーに揚げていきます。
から揚げの基本の2度揚げで、中はジューシー外はカリッと仕上げます


はいこんなかんじー
たしかに前バージョンより微妙に本物に近づいてますね。うまみが増した気がしたですよ
ケンタッキーのように、というかふつーにフライドチキン用粉として使っておいしく食べられます


こちらでネット販売してます 「吉祥園」



その後圧力鍋を入手しましたので製造元推薦のとおり圧力鍋で揚げてみますね


牛乳と卵を溶いた液につけたあとケンタ粉をまぶしました。粉はたっくさん
付けたほうがそれらしくなると聞いたのでこれでもかというほど付けたですよ。
180度くらいになったら鶏肉をどんどこ入れてすぐフタをします。
油と鶏肉の量は深さの1/3くらいに抑えてください。これは水での圧力鍋の
使用法と同じです。これさえ守れば油を使ってもなんにも怖がることはありません。
いま売られている圧力鍋は圧がかかってるときには物理的に開かないような構造
になっているので安全なんですよ。


フタを閉めて圧力がかかり、シュッシュッと蒸気音が聴こえてきたら極弱火にします。
もちろん圧がかかる状態をキープしたままですよ。
そしてこの時点でストップウォッチかキッチンタイマーをonにします。そしてブツ切りの
やや大きめの鶏肉だと7分カウント、そのあと超強火にして30秒〜1分ほど油の温度を
上げます

と、書きましたが揚げ時間はもうちょい短めでもじゅうぶんぽいですね。4〜5分でよさそうです


30秒〜1分強火にしたら火を止めすぐにフタのおもりを外し一気に圧を抜きます。
圧が抜けたらすかさずフタを外します。するとパチパチ揚がってる状態ですので
ここで引き揚げます。油切り時間をいつものから揚げより長めに取って完成です



ケンタッキー屋さんのように色の薄いしっとりめに仕上げたい場合は、スタートをやや低い
温度で始めて最後の強火も短めにすると黄金色に仕上がると思います。
「色はしっかり付いていい、カリッと仕上げたい!」という方は温度高めで始めて、フタを開けた
あとも火をつけて表面カリッと揚げるとよろしいかと。ただしそのぶん若干は水分が失われ
ややパサつき気味にはなりますよ。


まあこんなかんじで。

もも肉4片(大きいの2枚を半分に切ったもの)と手羽先1本、手羽元2本の構成です


肉のやわらかさ、ジューシーさ、関節の軟骨のやわらかさなど
あの本物と全く同じです。皮がペロ〜ンとはがれるところも同じ。
はじめのひと口めで「これだっ!これが欲しかったんだ!」
と唸ります。味もほとんど遜色ないです。これはいいね!
ただこれでもかというくらいタップリと粉を付けたのでしょっぱく
なりました。そこまで多量に付ける必要はないみたいですね。

この画像の分量で鶏肉の原価は400円程度なので(ブラジル産含む)
おトクではありますね。好きな部位を好きなだけ食べることもおっけー。
このやわらかさなら冷めても食べやすいだろうからおべんとにも向いてます
このままでもじゅうぶんですが、液に漬けるまえにチリパウダーやガーリック
パウダーを肉に付けてみたらひと味アップしましたよ



ふんわかジューシーです。もうふつうのから揚げには戻れないかも。


こちらでネット販売してます 「吉祥園」






訳あってお茶もいただきました


高級煎茶の宇治茶です。巷で売られている「宇治茶」には他所の
茶葉をブレンドして売られているものが多いそうですが、ここの
お茶は100%宇治産なんだそうです


さすが宇治茶、気品のある味と香りです
100g 800円で販売されてます








以前の↓




2003年1月

ケンタッキーに似た味を出せるから揚げ粉があるというので通販で買ってみました


「ケンタミックスパウダー」 600g入り 送料込1000円
うーむ、なんだかあやしいぞ


ホームページの製作ガイドを参考にして揚げてみました
おお、こりゃなかなかイイ線いっとります。本来圧力鍋調理を
想定してるらしいのですが、ウチにはないのでふつうに揚げた
だけなのにウマかったぞ!

製造・販売はなぜか「吉祥園」という京都のお茶屋さん
(あ、芸妓さんのいるのほうじゃなく)

m

inserted by FC2 system